街行き村行き

今日は街へ、明日は村へ。その場所で思ったことを綴ります。

【深川の春を撮りにいこう】東京散歩-門前仲町の川辺から春の桜と江戸風情を楽しむ

2021年 深川の街は満開の桜を迎えていました



2021年3月27日。

東京を去るまであと1ヶ月足らずとなりました。
大都会へやってきて5度目の春を迎えようとしています。
コロナ時代になってから出会いと別れの季節を味わうムードはどこへやら。
ビニールシートを広げて酒盛りをしていた時代は幻だったのか。
生きづらい世の中になりましたね。


それでも桜の木は毎年春になれば、一瞬ですが綺麗な花を咲かせてくれます。
2021年の満開の桜をみて、人々は何を思うのでしょう。

f:id:MachiMura:20210405140003j:plain



私のように転機を迎え、節目の記憶とともにその情景を収めようとする人。
また相変わらずの日々だけれども、心機一転と気持ちを入れ替えようとする人。

先月、この4年間関わってきたたくさんの人に、「お別れの言葉」を伝えて、
お返しに「がんばってね!」と励ましの言葉をいただきました。
一期一会という言葉がありますが、人と人とが出会っては別れていくこと、
そして言葉を通わす時間などは真に刹那なものであって、
私はそこに桜が咲いては散っていく様子を重ねたのでした。

f:id:MachiMura:20210405140019j:plain



今日は偕楽園にまた桜を見に出かけてみようと思います。
こんな華やかなシーズンに少しばかりの休息をいただくことを感謝します。

それではまた。