街行き村行き

今日は街へ、明日は村へ。その場所で考えたことを綴ります。

【初詣】2022年を漢字一文字で表すと…

新年あけましておめでとうございます。
寒波の襲う元旦となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

大晦日、紅白歌合戦では藤井風さんが数々のサプライズで、まさに「風のように」日本中の視線をさらっていたのが印象的でした。 ちょうど私よりひと回り下の世代ですが、このような才能を持った人が突如として現れ、ピアノ1本で勝負してベテラン勢の伝統的なパフォーマンスを置き去りにしてしまう。そんな次世代の凄みをみたという感じでした。

さて私はというと、元旦から近所の春日神社と橿原神宮へ出かけて参りました。

寅年

春日神社・旧常福寺

奈良市の春日大社ではなく橿原市今井町の春日神社です。 絵馬堂と観音堂があり、今井町の町並みを見守ってくれているようです。 こじんまりとした神社ですが、門松もきれいに飾られていました。

f:id:MachiMura:20220102095436j:plain

f:id:MachiMura:20220102095448j:plain

f:id:MachiMura:20220102095508j:plain

f:id:MachiMura:20220102095529j:plain

今井町の木造建築は、晴天に映えますね。

橿原神宮

続いて橿原神宮です。 元旦の朝ということで、多くの人で賑わっていました。

「紀元二千六百八十二年」とは、神武天皇即位紀元(紀元前660年)とする皇紀での表記のようです。

f:id:MachiMura:20220102095556j:plain

f:id:MachiMura:20220102095546j:plain

帰り際にみた斜めに伸びた(おそらく)マツの木が立派でした。

f:id:MachiMura:20220102095640j:plain

f:id:MachiMura:20220102095629j:plain

帰ってきて大晦日につめたおせち料理などいただきました。

f:id:MachiMura:20220102095401j:plain

f:id:MachiMura:20220102095844j:plain

写真を並べてみると、実に日本人らしいお正月を過ごしています。(笑)
世間の流行りは移り変わりますが、正月だけは日本の伝統を感じられる文化として続いてほしいものです。

今年の漢字は「彩」でいこう

2022年をどんな年にしたいか、写真を撮りながら考えていました。 今年の漢字は「彩」にしようと決めました。

昨年は生活環境も仕事環境もガラッと変えたことで、すべてが再スタートという1年でした。 まだまだ何のカラーにも染まっていない「無色」のような状態でした。

今年は何事にも徐々に色付けしていって、少しずつ自分のカラーを出していきたいという思いがあります。

1年間このブログも手探りで続けてみましたが、まだまだ自分のライティングに力不足を感じております。 けれども、日々感じたことを記事にしていく作業は、没頭するとおもしろいものです。

ブログにも「彩」を加えられるように、2022年もマイペースに継続します。

2022/1/2

▼カメラは「OM-D E-M1 Mark II」を使用しました。

▼レンズは「M.ZUIKO ED 12-40mmF2.8PRO」を使用しました。